タダシップ通販

今注目の勃起不全治療薬タダシップについて徹底解析します

タダシップの薬のイメージ

血栓溶解療法としての機能があるタダシップ

タダシップとは、勃起不全の治療薬として販売されているもので、インドで開発されています。しかも、この薬品はジェネリック医薬品として取り扱われているので、安価で買い求めることができます。勃起不全の薬と聞かれるとバイアグラが思い浮かびますが、タダシップも同様に認知度が高い薬として定着されています。この薬の最大の特徴には持続時間にあって、およそ24~36時間もの効果があります。これは、バイアグラをはじめとするED治療薬の5倍以上の時間で、性生活を営むものにとってはこれほど有意義なことはありません。なお、タダシップの処方については自由診療が適用されており、これは個人が経営する代理店と医療機関との自由な契約に基づいたものです。

ED治療薬の多くには、ホスホジエステラーゼを阻害する成分が配合されています。平たく言えば、細胞内に含まれているカルシウム濃度を上げるもので、心不全の治療に活用されています。ホスホジエステラーゼ(PDE)については様々な種類に分かれて、しかも種別に応じて棲息する部位が異なる特性が持たれています。心不全の場合はもちろん心臓になりますが、棲息の部位は脳や筋肉・肝臓にまで及んでいます。

血栓溶解療法とは、脳の血管に詰まった血栓を溶かす治療法で、おもに脳梗塞の治療に用いられる手法です。発症から6時間以内に薬物を摂取することが求められ、時間の経過に応じて治療法が複雑になることがあります。一見、ED治療薬と何ら関係のない項目ですが、実はPDE阻害としての性質があることから、かつて脳梗塞の治療に使用された経緯があります。このように、タダシップなどのED治療薬には局所的に血管の拡張を促す効果があるため、無関係と思われる療法と関連性がある訳です。